ファクタリングの解説

ファクタリングとは、不良債権をファクタリング会社から買い取り、取引先からの支払いを待たずに現金化できるサービスです。

ファクタリングサービスには大きく分けて、債権を回収した後にファクタリング会社に支払う「2社間ファクタリング」と、ファクタリング会社が顧客から直接債権を回収する「3社間ファクタリング」があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますので、自分のニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。

ファクタリングサービスの中には、債権の存在を証明できることを条件に、債権額と支払日が記載された見積書、注文書、納品書などを受け付けるものがあります。ファクタリングサービスの中には、マスター契約を必要とせずに請求書や納品書を受け付けるものもあります。

2社間のファクタリングでは、お客様とファクタリング会社の間には契約関係しかありません。ファクタリング会社にはファクタリングをしていることが分からないので、取引先に「支払い能力がない」と思われる心配はありません。

あなたは、ファクタリング会社に売掛金の売却を申し込みます。
申込書を審査した後、ファクタリング会社がお客様の債権を売却し、お客様は手数料を差し引いた代金を受け取る
あなたは、顧客からの支払いを受けた後、ファクタリング会社に支払います。

3社間ファクタリングでは、お客様とファクタリング会社だけが契約の当事者ではなく、支払いはお客様からファクタリング会社に直接行われます。これにより、ファクタリング会社の回収リスクが軽減されるため、通常、2社間ファクタリングに比べて手数料が安くなります。ただし、ファクタリングをしていることが取引先に知られているため、取引先の承認が必要となり、口座からの引き落としに時間がかかる場合がありますので、ご注意ください。

通常の買取ファクタリングに加えて、お客様のビジネスに合わせた様々な専門サービスを提供しています。例えば、以下のようなファクタリングサービスを提供しています。

病院・介護施設向けのファクタリングサービスで、健康保険会社や健康保険組合からの紹介を待たずに、医療・介護サービスにかかる費用をいち早く調達することができます。診療報酬債権は債務不履行のリスクが低いため、一般的なファクタリングに比べて手数料が低く設定されていることが多い。

リバースファクタリングは、通常のファクタリングとは逆に、債権をファクタリング会社に売却して資金を調達するものです。これは、債務の支払いを延期するための効果的な方法です。

国際ファクタリングは、海外の企業から債権を回収するためのリスクのない安全な方法です。

融資に比べて、ファクタリングは圧倒的に早くお金を得ることができます。ファクタリングは、企業が緊急に資金を必要としているにもかかわらず、売掛債権の入金までに1~3ヶ月かかるため、資金繰りに困っている場合に利用されます。

手続きの速さは、ファクタリングサービスの種類、2社または3社、取引の種類と金額によって大きく異なります。先に述べたように、二者間ファクタリングは顧客の同意なしに利用でき、即日資金を受け取ることができます。ただし、初めての場合は、即日対応ができないこともあるので、会社に確認することが大切です。

面接が不要なオンラインサービスをご利用の場合は、必要な書類をアップロードするだけで申請が完了しますので、郵送や支店での申請に比べてスピーディーです。

ファクタリングは借り入れではないので利息はありませんが、債権の買取額に応じた手数料がかかります。そのため、報酬を最大化するためには、コミッションレートを慎重に検討する必要があります。

ファクタリングの手数料率は、2社間で10~20%、3社間で1~10%となっており、審査によって大きく異なります。したがって、ファクタリングサービスのウェブサイトに掲載されている手数料率は、あくまでも参考値です。ファクタリングサービス業者の中には、手数料を据え置きにしているところもありますが、基本的には債権額や企業の信用度に応じて手数料が変わるため、具体的な見積書を入手して確認することをお勧めします。また、企業の信用度は過去のファクタリングサービスの経験によって決まるため、1回目よりも2回目の方が手数料が安くなる傾向があります。
優良ファクタリング会社一覧